--.--.-- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.11.18 父親たちの星条旗

今日は私の誕生日ですv
昨日は相方の家にお泊まりー♪

大河を見てました♪♪♪
やっぱり平ちゃんは可愛いわぁー・・・。
また時間をとって、見させてください続きvv

ホントは、全部見るつもりだったんですが
昨日になって母が「明日早く帰ってきぃなー。映画を見に行くから」と。
「え??!!な、何を?」
「父親たちの星条旗・・・」
「えーー!!でも大河を見るつもりなんやけど!!」
「いいんやで?別に。無理に言ってないし。菜摘は残ったら?」





父親たちの星条旗を見てから硫黄島からの手紙を見たほうが良いの知ってるでしょぉぉーーーーーーー????(T◇T)



ごめんね・・・遥ちゃん。京に行くところで終わっちゃって。
これを逃すと絶対見れないと思ったのー・・・(TT)

それにしても、お琴ちゃん・・・可哀相だったなー(苦笑)
トシめ!!/笑


---------
父親たちの星条旗

感想を書きたいと思います。
まだ見てない人。 は見ないほうがいいと思います。

映画を見るつもりが無い人は読んでくださると嬉しいです。
ネタバレありです!
クリント・イーストウッド監督
「父親たちの星条旗」

映画は、硫黄島の戦争の中で、アメリカ兵の「衛生兵」であった
「ドク」が、硫黄島から帰ってきた後、結婚し、そしてその息子が
戦争を記者に語っているというような構成でした。

私は名前と顔を覚えるのが本当に苦手なので(苦笑)
ちょっと苦戦しながら見ました。

キャストは

ドク アイラ レイニー 

重要人物・・・かしら。
初めは名前と顔を覚えるのに必死で(涙)


まず、一番思ったのは

皆に見て欲しい!!!!

強く思いました。
硫黄島を見るなら絶対にアメリカの方も見て欲しい!!


まず、誰もが気になった(と思う)"イギー"

母が考えるには次の硫黄島からの手紙で
捕虜になってしまうのではと。

あの穴に落ちてしまい。
日本軍の捕虜になる⇒惨い目にあってしまう。

だから、最後に流れた 硫黄島からの手紙で

「アメリカ兵の手当てを!」「君はアメリカ兵を見たことがあるのか!」

などと言っていたのでは・・・。
そして、父親たちの星条旗で捕虜になった人の酷い写真を見てた人が
いましたが・・・凄く、酷い目に合い。
だれも、イギーのことを伝えなかったのでは。

そういうところで、父親たちの星条旗⇒硫黄島からの手紙
へと繋がっているところがあるのではないか。と考えてます。



アメリカの兵士は志願者なんですよね。
日本の強制とは違うんだな・・・。
でも、両国とも自分の国の為に頑張ったんだな・・・。
そう考えると、あの戦争は悲しい。


終わった後も、お金の為に三人はあんな風に連れまわされて・・・。
英雄と称えられ。

・・・原爆のことでも、いいますよね。

その時の話をしてくれる人は本当に少ない。
なぜなら、その時のことを思い出してしまうから。
思い出したくないから、話さない。
心の傷になってる。

戦争って何の意味があるのかなぁー。
いくつか、泣いたところはありましたよ。映画の中で。


でも、全て・・・


最後の硫黄島からの手紙の予告に取られてしまったと思います。


エンドロールが終わった後、 続いて、まだ見たことなかった(コンサート・テレビで見た予告とは別の)予告を見ることが出来ました。

まず、始まった直後    泣きました。



アメリカが、5日間で落ちると思っていた硫黄島を


36日間 守っていた日本兵達がいた。 




みたいな感じで・・・。
(ちょっとうろ覚えで申し訳ない)
この言葉でもうボロボロ涙が・・・。
たしかに、父親たちの星条旗ではアメリカ兵は余裕が凄くあるように
思えた。ジャズとか聴いてるし、ギターとか弾いてるし。
(これが日本と全然違うなぁーとも思ったけど・・・)


次に




ニノ。



ニノ




ニノ。



花子に、西郷さん(ニノ)の奥さんに、二度と、届かない手紙を書いてるんですよね。
まだ、一度もきっと、もう見れない生まれてくる赤ん坊のことを考えながら。
涙を流して手紙を書いている所を見てしまったら、こっち(私)の涙が溢れてしまって。

もう、あの何分かで大泣きですよ。


それはやっぱり、私が日本人だから。
同じように映画を見てるつもりでもーーー・・・・
やっぱり、違うんだなぁーと思った。


こんなことで、硫黄島からの手紙をフルで見たとき
ちょっとあたしどうなるの(苦笑)



とにかく。本当に素晴らしい映画でした。



スポンサーサイト
Comment

Secret

 TrackBack
TrackBackURL
→http://natumi18.blog20.fc2.com/tb.php/285-5c92d5bd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。